犬を飼うこと

犬を飼うときの心構えと知っておきたいこと

犬がいる生活は、とても充実した楽しい毎日を送れると思いますが、犬は生き物です。
ぬいぐるみを買ってお家に置いておくのとは訳が違いますね。食べ物を与えたり排泄物の後始末や、お散歩に連れて行って運動もさせてあげなければなりません。

楽しいこともたくさんありますが、飼い主の負担は相当なものだと言うことを覚悟した上で、犬を家族に迎え入れなければいけません。ここでは犬をお家で飼うときの費用や、飼い主としての心構えなどをご紹介します。

犬を飼う前に気を付けることと準備すること

犬がいる生活をしたいと思ったら、まず犬のことを良く知らなければいけません。
例えば、どんな犬種が自分の生活スタイルに合っているのか、どこでその犬を探すのか。

犬を飼うのも、室内で飼うのか屋外で飼うのか、小型犬なのか大型犬なのか、考えなくてはいけませんね。近くのペットショップに何度も足しげく通い、どんな犬がいるのか観察しに行くのも悪くないですね。

またブリーダーさんから直接購入すると言った方法もあります。子犬の値段は、ペットショップに行って見ると驚くようなお値段が付いている子もいます。どうせ高いお金を支払うなら、ブリーダーさんから直接購入することも良いでしょう。メリットとしては、犬の飼育の仕方を丁寧に教わることができること。信頼のおけるブリーダーさん探しが必要ですね。

たまたま見かけたペットショップで、あまりの可愛さにその犬を飼いたくなることもあるでしょう。目と目が合って一目ぼれしてしまうことも有ると思います。しかし衝動的に買ってしまった場合、しっかりその犬の最後まで面倒が見ることができるのか、よく考えて購入しなければいけませんね。

さて、犬を飼うのには飼い主も犬も快適な環境でなければいけません。
特に室内犬のお部屋作りが必要ですね。サークルで仕切りをするのか、自由に過ごせるスペースを用意してあげることも必要です。

外で飼う場合は、雨風から身を守る犬小屋が必要になってきます。犬が横に寝転んで手足を伸ばしても余裕のある幅と、座っても頭がぶつからない位の高さが必要です。ただし子犬でやってきた場合、成犬になったときの大きさを考慮しなければなりません。

必要な犬用ペットグッズ

生きている犬を飼うわけですから、何もなしでは生きていけませんね。
まず必要なのはエサであるドッグフードなど食べ物と食器。水を与える給水器や水を入れる器も必要です。

室内で飼う場合は、トイレやトイレシーツ、サークルやゲージも用意しましょう。
お散歩をするときの首輪やリードも、犬の身体のサイズに合ったものを準備しましょう。
ここまで準備できれば、まず生活を始めることができますね。できれば飼う前にここまで準備しておくと良いでしょう。

それから、徐々にでも良いので、ブラシや耳や爪などのケアグッズ、シャンプー・リンス
犬用のおもちゃなども準備してあげて、コミュニケーションを取るためにも
遊びにおもちゃを取り入れましょう。

家に犬を迎えた時の注意点

今までいた場所から離れて新しい環で暮らすことになった犬は、かなりのストレスを感じています。子犬の場合、下痢や嘔吐、食欲不振などになることも多く元気がないことを心配すると言ったことも起こります。

犬を迎えた嬉しさから、家族中で犬を取り囲み抱きあげたり、体を触ったりしてしまいがちですが、犬には大変迷惑なことだと覚えておきましょう。
初日は、犬のペースに合わせてそっと様子を伺う程度にしておき、静かに過ごさせましょう。

室内犬ならば、サークル内にトイレを設置して排泄する習慣を付けるようにしましょう。
子犬が落ち着いて来たら、室内を探検させたり、じゃれてきたら遊び相手になってあげましょう。疲れた様子を見せたら、サークル内で休むことを覚えさせてあげましょう。
サークルやハウス、ゲージなどは犬の居場所として覚えさせることで、安心できる場所になるでしょう。

犬のしつけは子犬ときから始めなければいけません。
しっかり主従関係をつけて、飼い主の言う事は絶対と言う関係を作ることで、犬との生活が円満に過ごせます。可愛いからと溺愛しすぎると、飼い主の言う事を聞かない我儘な犬になりますので注意が必要です。

犬を飼った時に必要な費用

それぞれ犬種によっても違いが有りますが、まず初期費用として必要アイテムを揃えるのに、3万から4万。これは最初に準備するサークルやトイレ、エサ用の食器・給水器などの費用です。それに畜犬登録・ワクチン予防接種で最低2から3万は必要です。

畜犬登録は生後90日以上の飼い主に義務付けられています。保健所もしくは市役所などで行うことができて費用は、地域に寄りますが3千円くらいです。毎年一回受けなければいけない狂犬病注射にも費用が掛かります。畜犬登録を済ませておくと毎年狂犬病のお知らせのはがきが届きますので、忘れずに狂犬病の予防接種をしましょう。

年間通して必要なものが、ドックフードなどの餌代やおやつ代や、ペットシーツなどの消耗品、トリミング費用、ケア用品に、予防接種などを含めた医療費などで、年間で約10万円位が平均的に掛かる費用だと言われています。

例えば、10年の寿命ですと犬の生涯費用は100万と考えられます。
あくまでも平均費用ですので、その他に去勢や避妊手術費や、病気やけがなどで動物病院に掛かる費用なども発生することもあります。

出費を惜しまず可愛い愛犬を飼いたいものですが、高額の医療費など急な出費が必要な場合もあります。費用が嵩むからと途中で犬を飼うことを放棄するなどは、絶対にしてはいけない行為です。

犬の最後の時来るまで、飼い主としての責任を全うすることが必要です。愛情を掛ければ愛犬もそれに答えてくれます。可愛い犬との生活で、人間も癒されて毎日の生活が穏やかになり生きる活力が出てきます。これをアニマルセラピーと呼び、犬と一緒の生活は楽しく充実した毎日となることでしょう。

世の中に犬を飼っている人って結構いると思うんです。確かに見てるとかわいいし、頭良さそうだし、知り合いが飼っているのを見てると、ついつい自分も飼ってみようかなと思ってみたりもします。けど、やっぱり大変そうだなとか考えたりもするんですけど・・・。

実は私は今までに一度も犬を飼ったことがないのですが、もうだいぶ前になりますけど、テレビで、犬を専門のトレーナーに預けてしつけてもらっているのを見たことがあります。

もちろん、家で飼うためのペット(もしくはパートナー)としてのしつけだと思うんですけど、なんでも、基本的には主従関係を教え込むということらしいのです。そのためには教育的なしつけが必要だという話だったように思います。

確かに考え方はわかるんですよね、あまりにも犬が勝手な行動をとったら困るでしょうし、何より身近な人(もちろん身近じゃない人も)などに危害を加えることがあったら大変なことになります。

だけどなあ、とも思うんです。警察犬とか介助犬などなら分かるんです。職業犬などは大事な役割を担ってますから、厳しい訓練が必要だと思うんです。だけど、普通の人が何となくそばにいて欲しいなとかの理由で飼う犬にそこまでする必要があるのだろうかと・・・。

入手方法はいろいろありますけど、とにかく自分の犬がすぐに他人の所に行くというか、すぐにでもそばにいて欲しいと思って手に入れたはずなのに、会いたいときにはそばにいないみたいな感覚があるんです。

犬の寿命だってそんなに長くはないわけですし、しつけよりも愛犬の健康に気を使ってペット保険 比較などしたほうがよっぽどましではないでしょうか。

トレーナーによるしつけを否定しているわけじゃないんですけど、多少の事はお互い気を使う人間同士の様な事は難しいんでしょうか。
知り合いの犬は預けてませんが(多分)うまくやっているようにも見えます。今まで特に気にしたこともなかったのですが、
私は子供の頃に犬にかまれた経験があります。大したことはありませんでしたが、かまれてもいいと言っているわけでもないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>